月に一度はパンダとお出かけ


パンダとかえると飼い主(ミカ)
by zaizen_panda_goro
カテゴリ
全体
秘密結社企画
お出かけ
ちびたん居候
日々雑記
山パン
豆大福
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

富士山頂より愛を叫ぶ

a0089070_19134373.jpg

くろあちあちゃん、ぼくは富士山に登ったどー!

平成22年7月26日

こまさ


詳細は後日。
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-29 19:13 | 山パン

石割山ほか

登山の予行練習で山梨県石割山にハイキングに行きました。
先日、朝のNHKニュースで女性の登山が流行ってるという特集があり、そこで紹介されていたので、混むかな?と思いましたが、三連休で他の遊びで忙しいのか、山頂で2~4組程度と少なめでした。

これが登山道の入り口です。
a0089070_22502889.jpg


長ーい石段が続きます。
a0089070_2251253.jpg


石割神社。
注連縄の張ってある岩が御神体だそうです。
ご利益に「武運」とあったので、勇ましい気持ちになりました。
人が一人通れるくらいの細い割れ目があり、時計回りに3回廻ると開運とのこと。
リュックをしょってたら、絶対通れないほどの細さです。
a0089070_22531213.jpg


石割山山頂に着きました。
a0089070_22541379.jpg


山頂から富士山を望む。
天気は晴れていたのだけど、静岡方面から雲が湧きあがってきて、富士山を隠していました。
a0089070_22534872.jpg


平尾山山頂
a0089070_22554118.jpg


パラグライダーの演習場
風が強くて、乗るのが大変そうでした。
a0089070_22563269.jpg


大平山山頂から富士山を望む。(右手の雲の中です。)
a0089070_22572060.jpg


歩いてきた山々。
a0089070_2258071.jpg


そして、山を下りてから、湖畔の道路を歩く。

途中、イタリアンレストラン「パルコ デル チェロ」でピザを食べました。
薄い生地で、タバスコも自家製のようで、とても美味しかったです。
疲れて写真を撮り忘れました・・・

さらに湖畔の道路を1時間ほどあるき、ゴールの石割神社に倒れこむ。
a0089070_22584746.jpg


今回は急な下りがそんなになかったので、5月の鍋割り山と比べ、元気でした。
次は、いよいよ富士山だー!!
がおー!
a0089070_22595059.jpg



<メモ>
6:05 家を出発
 御殿場IC→東富士五湖道路→平野を経由。
 東名は車が密集してるが、スピードはあり、割と快適。
 138号線は混雑気味。
8:15 石割神社駐車場着

8:40 石割神社駐車場発
9:20 石割神社 9:30発
9:48 石割山(朝のお菓子タイム)10:10
10:50 平尾山(ドリンクタイム)11:00
11:35 大平山(カップラーメン)12:05
12:40 湖北
12:55 レストランで昼食13:50
14:50 湖畔の道路を歩き、石割神社駐車場に到着

15:10 石割の湯(激混み)
16:20 石割の湯出発
 道志村経由で帰宅。
 16号激混み、ほとんど進まず。
20:00 帰宅

服装 メッシュ地の長袖Tシャツ、サポート用タイツ、スコート
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-18 23:02 | 山パン

ニイハオ上海その6(上海の人など)

今回、たまたまなのか、上海の人は、優しい人が多かったです。

以前はお店の店員は愛想が悪いという話を聞き、実際、警戒心たっぷりの応対をされました。

今回は、若い人は特に、こちらが中国語がわからないと英語に切り替えて応対。
県泰豊では、笑顔が素敵な店員さんが多い。

街のなかでも、前の記事に書いたショーロンポー屋での周囲の人の気遣いがありました。
地下鉄に乗れば、母に対し、かならず席をゆずってくれました。

中国人はところ構わず大声でしゃべるというイメージを持っていたけれど、満員の地下鉄は静か。
日本と変わりません。
さすがに観光客の多い路線だとにぎやかでしたけど。
地下鉄は、たいてい事故防止の柵がついているし、新しい路線はガラス張り。

服も日本と変わらないし。

街中も、ゴミを拾う仕事の人がいるようで思ったよりきれいだったし。
日本と比べると衛生面で「おおぅ」ということも多いですが。
上海万博効果なのかなー?
それとも年配者と一緒だったからかなー?

おかげで、旅行中、非常に楽しかったです。

ちなみにパンダ写真を撮ると、どこからか「ぱんぐぁ」と聞こえてきました。

また行こう、上海。
(地下鉄構内にて。)
a0089070_1543045.jpg

[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-17 15:08 | お出かけ

ニイハオ上海その5(観光地など)

上海といえば外灘(バンド)。
古い石造りの街並みと新しいビル群が川を挟んで向かい合っています。

横浜も古い建物を利活用して新しいビルを建てたりしてるけど、だいぶ無くなってしまっています。
一方、上海は、きちんと残されていて、りっぱな名所になっていて、うらやましいです。
a0089070_1424395.jpg


夜はライトアップされます。
a0089070_14261763.jpg


川の向こうはテレビ塔や新しいビルがたくさん。
10年前にきたときは、建ててる途中のビルが多かったのですが、ずいぶん増え、圧巻でした。
a0089070_14263280.jpg


つづいて、繁華街の南京東路。中国各地からも観光客がきていて、ごったがえしていました。
a0089070_14303470.jpg


昔の建物を利用したショップが多い、こじゃれたスポットの新天地。
a0089070_14313838.jpg


噴水の銅像も日本とはちょっと違う。
a0089070_1435899.jpg



昔の長屋を利用した雑貨屋や食べ物屋、アーティストの工房などがある田子坊。
お寿司屋やおでんの店もあります。
ごちゃごちゃしてて、迷路みたいで、面白いです。
a0089070_1433167.jpg


屋根には草が生えてますー
a0089070_14334829.jpg


実際に人も住んでおり、写真右上にあるように洗濯物も干されています。
a0089070_14342523.jpg


田子坊エリアのすぐ隣に小さい市場があり、魚や肉のほかお茶の量り売りもありました。
お茶は、店員さんとやりとりしながら3種類購入。
「50gください」というと、
50g、100g、150g、200gと紙に書き、その横に値段を書く。
いかにも150gが割引率高めに書いてくる。
「じゃあ、100gでいいです。」
量りにお茶を100gくらい入れて、「本当に100g?」と言いたげに、こちらを向きます。
おっちゃん、しょーがないなーと思いつつ、実際の分量を目にすると、もう少しあってもいいと思い、「じゃあ150g」。

結局、おっちゃんの最初の狙いどおりです。
さらにおっちゃんは160gくらいいれて、「おまけしとくよ」と言いたげに量りを指さす。

さらに、「こんなお茶もあるよ」と匂いをかがせてくれる。
美味しそうなので、「これ何?」と聞くと、名前を書いた紙を指す。
「いくら?」と聞くと、また値段を書く。
以下、同じようなやりとりが続きます。

こーゆーのって、楽しいー!!


それから、上海雑技団。
市内でも何か所かで公演しており、前回とは会場も演目も異なりました。
a0089070_14472849.jpg


公演中の写真は撮れなかったけど、人間の身体能力ってすごいなあと単純に感動です。

あとは名所じゃないけれど、横浜ベイブリッジに似た橋。
親近感を覚えました。
a0089070_144951100.jpg


ああ、楽しいなあ。上海。
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-17 14:52 | お出かけ

ニイハオ上海その4(食べ物)

今回の旅行は、食事はあまり食べませんでした。
名物の焼きショーロンポーも時間の都合で食べられず・・次回への宿題となりました。


それでも食べたよ、ショーロンポー。

ガイドで地元の人に評判のよい店として紹介された、人民広場近辺の「佳家湯包」。
イメージとしては、日本の街中にあるラーメン屋さんのノリで、入り口で注文して番号の書いたレシートをもらい、テーブルに座って待つスタイル。
メニューもあまり読めないので、普通より少し高いのと、蟹味のを頼みました。

とても小さい店で、6人がけのテーブルが6台、二人がけが6台くらいだったかな?
テーブルもぎっちり合席です。

私のテーブルは、向かいに夫婦とおばあちゃんの3人づれ、私と母、旅行者(台湾?中国?中国語のガイドブックを見てました)と思しき男性1人でした。

待ってるテーブルは多く、番号を呼ばれても聞き取れない。
周りの様子をうかがってる私たちに、目の前の人が、英語で「今26だよ」と教えてくれました。

そのご家族が帰ったあとも、隣の男性が、私たちの番号がよばれると店員に「ここだよ」と教えてくれます。

みんな優しいです。

でてきたショーロンポーは12個入り。

片方は19元、蟹味は22元。
1元15円とすると、300円前後。安いっ!!
a0089070_13591341.jpg



続いて、県泰豊。こちらはそもそも台湾の店で、横浜にもあるのですが、上海のお店も美味しいとうことで、新天地にある店に入りました。
とても混んでおり、受付で整理券をもらいます。
受付上部のモニターでは、現在の呼ばれてる番号とショーロンポーの食べ方等を流しています。
a0089070_1435676.jpg


こちらは、ハーフサイズで5個入り、20元くらいだったかなあ?
せいろの敷物も、さっきの店は葉っぱの茎のようでしたが、こちらはきれいな布巾。
せいろの大きさは変わらないので、5個入りはかなりさびしく見えます。
a0089070_1463215.jpg


この店は、美味しいのはもちろん、すごいところは皮が薄くてスープが透けて見えること!!
a0089070_1473211.jpg


すんごーーーい!

エビと青梗菜のタンメンも食べました。
鶏ガラのダシがばっちりでした。
a0089070_1483755.jpg



あとは、夜に疲れて入ったカフェでケーキと紅茶をいただきました。
超高級なところに入ったようで、ケーキと紅茶で約100元、1500円くらいかな。
さっきのショーロンポーと比べると、かなり高いことがおわかりいただけると思います。
ケーキは、デコレーションはきれいでしたが、味は甘すぎ。
紅茶は、ポットになみなみついであって、美味しかったです。
a0089070_14141131.jpg


ホテルの朝食もそうだったけど、上海は、食べ物の素材の味がハッキリしてると思いました。
エビは甘みがあったし、豚も鶏も味が濃厚で、とても美味しいです。
日本は清潔感があるけれど、味が薄い気がします。

お茶は紅茶でも中国茶でも上海は美味しかったけど、ケーキなどの洋菓子は、日本の方が断然おいしい!
繊細な味わいが得意なんだろうなあ。


次回は、上海ガニと焼きショーロンポー、茶芸館を目指すぞー!!
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-17 14:17 | お出かけ

ニイハオ上海その3(天気)

上海も梅雨でした。

しかも日本と同じく短時間での集中豪雨です。
雷が鳴り響いてました。

ホテルの部屋からの景色。
雨が少しあがっていた時です。
a0089070_15164367.jpg



どしゃ降り時
a0089070_1517886.jpg



外灘の対岸の景色も見えません。
a0089070_1518477.jpg



かろうじて見えると、こんな感じ。
a0089070_15194035.jpg



天気が悪いのは、残念でした。

次回までお預けですな。
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-10 15:22 | お出かけ

ニイハオ上海その2(万博)

上海万博は、2時間ほど滞在しました。

会場への入り口はたくさんあります。
私は、地下鉄13号線に乗って行きました。

9号線から乗り換えですが、荷物のセキュリティチェックがあります。
チェックのためのゲートにつくと整列用の柵がはるかかなたまで。
げげ、こんなに混むのかあ!と思いきや、開場時間の9時になっても、この柵は使われていませんでした。
a0089070_14385738.jpg



万博テーマ館
a0089070_14353025.jpg


海宝くん。ニイハオ!
a0089070_14403584.jpg



空いている館もあれば、行列になっている館もあります。
私たちは、中にはほとんど入りませんでした。
ちょっと建物好きな私は、各国の館を見て楽しみました。


中国館。立派ですな。
a0089070_14412378.jpg


ネパール館。後ろの塔が素敵です。
a0089070_14421153.jpg


インド館。ケーキみたいでしょ。あーん。
a0089070_1443833.jpg


UFOじゃないよ、上海万博文化センター。
a0089070_14444571.jpg


我らが日本館は、会場の端っこ。
隅に追いやられているなあ!と不満たらたら歩きます。



やっと見えてきた日本館。えーと、これはウミウシですか!?
a0089070_1448461.jpg


空いてるだろうと予想をしてたのに、すごい行列!
建物の下に白いアーケードが写っていますが、この下に行列が延々と続いていました。
入るのは断念、とっとと退場しました。


時間が中途半端なのか、道が広すぎるのか、人がほとんどいないように見えます。
入り口のゲートもスペースの割に空いていたし、混雑のピークは過ぎたのかな?
a0089070_1452145.jpg



突貫工事だったのか、実はこの通路、タイルがガタガタします。
ここだけじゃなく、通路がふかふかしてるところ多数。

日本だったらお客から文句がでて速効で補修してそうだけど、こんなのはガタガタするうちに入らないのか、小さいことは気にしないのか、なんだか微笑んでしまいました。


帰ると、ホテルのロビーでも中国館がお出迎え。
お疲れ様でした。
a0089070_14523131.jpg

[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-10 15:04 | お出かけ

ニイハオ上海その1(ホテル)

2泊3日で上海に行ってまいりました。
羽田発着で、上海まで行きは3時間、帰りは2時間半。
近いです。

こんな短時間なのに、機内食がでました。
京風おばんざい弁当です。
やるなあ、JAL。

a0089070_14223194.jpg



普通は、街中の様子をお伝えするのですが、まずはホテルから。

ホテルは、郊外にあるサンワンホテル上海(上海神旺大酒店)です。

ホテルのキャラクターなのか?
創始者をモチーフにしたのか?
ワンワン君(勝手に命名)がいたるところにいます。

ホテルのタオルや歯ブラシなどはもちろんのこと、

ホテル前の銅像
a0089070_14254675.jpg


部屋の冷蔵庫にあったフリードリンク
a0089070_14272233.jpg


左はヨーグルトのようなヤクルトのような味。
右は、甘い牛乳のようなもの。(お腹の調子がおかしくなったのは、たぶんこいつのせい。)


きわめつけは、灰皿の砂
a0089070_14292367.jpg



ホテル自身は、部屋もそこそこ広く、きれいだったのですが、ワンワン君を見かけるたび、妙に力が抜けるのでした。
[PR]
by zaizen_panda_goro | 2010-07-10 14:28 | お出かけ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧